忍者ブログ
夫が経営してる喫茶店の名前です。スペインのグラナダ、アルバイシンにあります。夫の母と叔母は『teteria』というものとその言葉自体を作り出した創始者です☆ ここでは、喫茶店やスペインでの暮らし等々、自由気ままに書いていこうと思っています♪
[5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 前々回の記事にも書きましたが、1週間ほど前に、マラガの大学に行って来ました。修士のスペイン語学は、マラガとグラナダの共同のコースとなっているので、マラガ大学の生徒がグラナダ大学へ来て勉強している姿も見かけますが、その逆もあり、私は今回、マラガ大学の授業に参加しました。私の印象では、マラガ大学の方が、敷地面積も広くて、活気に満ちているような気がしました。私の大学院(日本)の雰囲気と似てるなって思いました。

3日間だったので、ホテルに泊まり、そこから大学へ通いましたが、その授業以外の課題で提出期限が迫っているものがあったので(昨日無事に提出しました)、ホテルの中でも、レストランでも、カフェでもどこでも勉強をしないといけない状態で、マラガをゆっくり見ることはできませんでした。でも観光は数年前に済ませているので、観光したいという気持ちもなかったからよかったけど^^

d96ed3c7.jpg96f07b39.jpgでも一箇所だけ、自分への御褒美に、と、市内にあった海鮮レストランへ行って食事をとりました。そのレストランの店員さんが優しくていろいろ親切にしてくれました。私が欲張って二種類(海老とイカ)食べたい、というと、一人で二皿全部食べるのは無理だろうから、と、イカの揚げ物の方を半分にして持ってきてくれました。もちろん値段も半分。それでもボリューム満点で、おなかいっぱいになりました。

親切、と言えば。マラガに着いたのが夜遅くて(11時前)、バス停がすぐには分からなかったので、近くにいたスペイン人の女性に尋ねると、日本語で返事が返って来ました。しかもとても流暢な日本語。ハーフの方だったようで、親切に教えてくれました。結局バスがもうない時間帯になってしまっていたので、タクシーに乗ると、タクシーの運転手も、ぼったくることなく(前に一度マラガ観光をした時の土地勘が少しはあったので、注意して見ていましたが、ちゃんと正しい道を通ってました。)通っている道順についても丁寧に説明をしながら、ホテルまで連れて行ってくれました。また、ホテルの従業員もみんな優しく、安心して過ごすことができました。大学の先生もとても朗らかで素敵な先生でした。道案内してくれたおじちゃんも、食堂のおじちゃんも、いい人たちでした。たくさんのいい人たちに触れられた旅でもあったかな^^

banner_04.gif←ブログランキングに一日一ポチよろしくお願いします☆

PR
3週間ほど前に、日本人の女の子と知り合いになりました。

テテリアへ上る階段坂を重い荷物を持って一段一段上っていっている姿を見て、思わず、「手伝いましょうか」と声をかけると、すぐに反応が返ってこなかっ たので、私は、日本語が通じなかったと思い、英語で話しかけました。すると英語で答えたので、その後も英語で会話を続けました。少し話した後、『どこから 来たの?』と英語で聞くと、『日本』、と答えたので、お互いに笑って、なーんだ、とそこからは日本語で話しました。最初日本語で話しかけた時、聞こえてな かったみたいで、その後すぐ私が英語で話しかけたので、英語で返事をしていたようです。お互いに日本人かも、日本人じゃないかも、っていう感じだったのかな。 ちょっと面白い状況でした^^

それからテテリアへ一緒に行き、たまたま家族がいたので、紹介をしました。彼女の滞在先がすぐ近くだったので、何か困ったことがあったらいつでもテテリアに来れば助けになるよ、と伝えて、その時はお別れをしました。

それから1週間後にまたテテリアに来てくれていたので、再会し、いろいろと話をしました。とてもしっかりしていて、明るくて、話していてとても面白かった です^^スペイン語を勉強しに来ているので、あまり日本語ばかり話していてもいけないだろう、と思い、次に会う約束はしませんでした。でもまたテテリアで 会えるだろうな、と心のどこかで思っていました。

0ef18728.jpg20ca0001.jpgそ して、前回のブログに書いたオーストラリア夫婦とカフェで待ち合わせをしていると、なんと、その隣のテーブルに彼女が座っていました。すごい偶然^^(彼 女とはその後も、町の中ですれ違い、またまた偶然に再会することになりました。おもしろい)。そして、その偶然出会った時に、お互いに連絡を取り合って、 その週末に会うことになりました。テテリアで話をした後、義母の再婚相手のレストランへ招待されたので、そこでベリーダンスを見ながらクスクスを食べまし た。ベリーダンスを見たのはそれが初めてだったので、とても興味深かったです。彼女も喜んでくれていたようだったので、よかったです☆

そしてその一週間後の先週の日曜日、オーストラリア人夫婦と、彼女と、彼女のピソの住居人と一緒に会い、カフェでケーキなどを食べた後、オーストラリア人 夫婦と別れ、日本人の彼女とコロンビア人の彼女と3人でタパスを食べに行きました。今日は最初から日本語なし、スペイン語オンリーで話をすることにしてい たので、日本人の彼女との会話もスペイン語☆日本語を少し封印した瞬間、私のスペイン語も彼女のスペイン語も少し上達したような気がしました^^

彼女の住居人は、コロンビアの女の子で、海外に出るのは今回が初めてのようです。大学で勉強をしていて、まだこちらに来て間もないので、知り合いも多くな く、私達と一緒にいるのがとても楽しいようでした。それを見て私達も楽しくなりました。タパスの一軒目は、サーモンをタパスに出すbarで、二軒目はモ ロッコ料理をタパスに出すbarでした。するとそこで、またまた偶然ですが、スペイン語学校の先生と会い、長い間スペイン語学校へ行ってなかったので、久 しぶりー!とスペイン語学校の様子などを聞いたりして、いろいろと話をしました。

そして次の日の月曜日、オーストラリア人夫婦が帰る前に、またみんなで集まって、一緒にお茶を飲んだ後、お見送りをしました。その後、またまたタパスを食 べに行って(今度はピザのタパスを出してくれる所です)、その後、日本人の友達と別れて、コロンビア人の友達と一緒にアルバイシン地区を散策しました。そ の辺りを歩くのは初めてだったみたいで、またまた喜んでくれました^^とても明るくて、コロンビアやスペイン、日本のことなどをいろいろ話をしてとても楽 しい時間を過ごすことができました。コロンビア人の彼女は数ヶ月はこちらにいるみたいなので、また一緒に遊ぼう^^オーストラリア人夫婦が帰ってちょっと 寂しいし、日本人の彼女ももうすぐ帰ってしまうので、寂しくなるけど、また帰る前に会って話をしようね☆

出会い、についてですが、この出会い以外にも、いろいろな出会いがありました。

テテリアに来て下さっていたお客様の中に、日本人らしき人がいたのですが、なかなか話しかける機会がなく、その後もテテリアで何度か姿を見かけましたが、 話しかけないままでした。すると、オーストラリア人夫婦が、知り合いだったようで、私達のもう一人の日本人の友達、と紹介してくれました。同じ学校で、 オーストラリア人夫婦はスペイン語だけど、その日本人の方はフラメンコを勉強されているようでした。そこで初めて、その人と日本語で話をしました。他のテ テリアに行ってみたけど、ここが一番落ち着けるから何度か来た、と言ってくれたので、とても嬉しかったです。その方はあと数ヶ月グラナダに滞在するような ので、またテテリアで出会えるかな、と思っていると、今日、テテリアで再会することができました^^またテテリアで会いましょう☆☆☆

また、オーストラリア人夫婦と同じくらいの時期に、韓国人の女の子とも出会いました。
その人は、グラナダ大学で勉強した後、スペイン人と結婚し、今は翻訳などの仕事をしているみたいです。チェロ奏者とも言っていました。多才だなぁ。そし て、その一週間後、キムチを漬けて持って来てくれました。そのキムチがとてもおいしくて、1日で一瓶ペロっと平らげてしまいました。こっちにはない食材と かがあるから、韓国の本格的なキムチじゃないけど、って言ってたけど、十分おいしかったです。彼女とはまた会う約束をしました。今度は彼女の好きな日本の 物を作って行こうと思っています。それについてはまた別の記事で書くことにします。

また、数週間前の話になりますが、陶芸家の友達の家に遊びに行かせてもらった時、彼女の友達の日本人男性と出会いました。彼はとても人生経験が豊富で、い ろいろ楽しい話をたくさん聞かせてくれました。その時こっちに来て初めて、日本人同士で(その男性と陶芸家の彼女)スペイン語で話をしたので、最初は戸惑 いましたが、とても楽しくて、最後にはそれが普通になっていたので、こういうのもいいなと思いました。いい刺激になったと思います。

人との出会いは本当に不思議なものです。出会うべくして、出会うべき時期に出会う、という感じなので、おもしろいです。全てに意味があるんだな☆☆☆

banner_04.gif←ブログランキングに一日一ポチよろしくお願いします☆
気がついたら3月に入ってました!時が経つのは早い。
プレゼンの後、大量の課題があることを再確認し、また、マラガでの3日間の集中授業に出席したり、明日提出の課題に取り組んだりと、忙しくしてました。
そんな中、出会いがたくさんあったので、最近の出会いについて書きたいと思います。

1ヶ月ちょっと前に、オーストラリア人夫婦とテテリアで出会いました。スペインに着いて5日後ほど経っていた時で、これから3週間スペイン語を勉強する、と 言ってました。奥さんの方はオーストラリアにいる時2年間程スペイン語を勉強していたみたいですが、旦那さんの方は今回の旅で初めてスペイン語に触れた、 ということでした。でも、スペイン語歴5日で、いろんな単語を使い分けて、スペイン語の会話にしっかりついていってました。一度見たり聞いたりしたら頭に 残るみたいで、動詞の活用も簡単なものはすでに使えるようになっていました。なんと羨ましい☆★そんな頭が欲しいです^^;

c030f410.jpgそれから3週間は、私も彼女達も忙しくて、会うことができませんでした。たまたまテテリアに行った時に遭遇、ということはありましたが、ゆっくり時間をとって話 をすることはできませんでした。そして3週間後に、やっと時間がとれて、一緒にタパスを食べに行ったり、お昼を食べたりしました。その日は義妹と一緒にタイレストランで ランチをする予定だったのですが(まだ仕事が終わってからお疲れ様会をしてなかったので)、タイレストランが休暇中で開いてなくて、ザクロに行こうという ことになり、オーストラリア人夫婦も一緒にザクロでランチをしました。しかし、その日は月曜日。ザクロの定休日のはずでしたが、ラッキーなことに、月曜日な のに開店した初めての日、だったみたいで、和食を囲んでみんなでいろいろおしゃべりすることができました^^よかった☆

そして、その数日後に、うちに招待して、ご飯を一緒に食べました。楽しんでくれたようで、よかったです。
それからちょこちょこ出かけてカフェなどで話をしたりして、彼女達にとってのスペイン滞在4週目はほぼ毎日私と過ごした1週間でもありました。

81627925.jpgそして5週目、先ほども書いたように、私はマラガで授業、彼女達はアルプハラスにある村に滞在していたので、なかなか会えれませんでしたが、お互いに帰って来てから、一緒にインドネシアの友達の家に招待されたので行って来ました。インドネシア料理を初めて食べましたが、少し日本の味と似ている部分もあったり、スパイス類が効いてちょっと変わった味だったり、なんだかおもしろかったです。そのアパートの住居人のメキシコ人も一緒にご飯を食べましたが、メキシコの話やインドネシアの話で盛り上がり、楽しい夕食会でした。メキシコの辛い飴もお土産にもらって帰りましたが、まだ食べてません。相当辛い;;みたいです。ちょっと怖いけど、楽しみ♪

その5週目の最終日の今日、お別れをしてきました。これからマラガに行き、少しアンダルシア地方を回ってから、モロッコへ行くようです。寂しくなるなぁ…。またいつか会う日まで☆一緒にいると、とても心が安らげる、素敵な人たちでした。ぜひもう一度会いたいです。

banner_04.gif←ブログランキングに一日一ポチよろしくお願いします☆

去年の10月からほぼ毎日続いていた大学院の授業が今日やっと終わって(まだ今月中に少し、3月に少し残ってはいますが)今小さな一息をついているところです☆まだまだ課題が山盛りなので、大きな一息はつけない状態なんですが;でもちょっと一区切りついたかな、って感じです。

今日の授業は、プレゼンテーションでした。プレゼンは普通、準備期間の余裕を持ってするものだと思うんですが^^;なんと昨日の授業でプレゼンの概要を知って今日プレゼン、という、かなり厳しい条件でのプレゼンでした。

昨日の授業が終わったのは夜の8時、今日のプレゼンは午後4時、という、寝るなと言わんばかりの無謀な課題でした。しかも、二人一組…。私の相手には2人のお子さんがいる為、集まって話し合って、という時間もなかったので、私一人でプレゼンの準備をすることになりました。幸い、教授法の授業だったので、今までの経験が私を助けてくれました。

スペイン語を第二外国語として教える授業計画を立てる、というものでしたが、昨日の時点で、ある程度のアイディアは私の中に浮かんで来ていて、あとはそれを軸に更に新たなアイディアを付け加えていくだけだったので、けっこう楽しみながら準備をすることができました。そういうのを考えるの、好きなんだと思います。いるはずのない生徒の笑顔を思い浮かべながら作りましたが、ほんと楽しかったです。スペインでの授業案と日本での授業案(教育方針など)の書き方が全く違ったので(スペインの方が細かい)、そこは苦労しましたが、なんとか書き終えることができました。プレゼン用にパワーポイントを作り、会話文をメインにやっていく方法だったので、会話文も作って、プレゼンの前にみんなに配りました。

プレゼンの間、その授業内容で笑いが起きたり(生徒が楽しみそうな内容を考えてみたので^^)、先生から、こういうのも付け加えたらいいかも、と新たなアイディアをいただいたりして、全体的に、にこやかな雰囲気になり、緊張することなく始終笑いながらプレゼンを終えることができました。楽しかった^^先生からも、とてもよかった、という言葉をいただきました。私のパートナーも大喜び。充実感を感じました☆

そしてその後の脱力感を今感じています。と言っても、さっきも書いたように、まだまだ気が抜けない状態なので、脱力してる間もないんですが;;でも、つかの間の休憩、ということで、プラザヌエバの側に出来たバイキングのレストランへ行ってきました。味は…普通。というか、食べ放題にしては、置いてある物の種類が少なかったように感じました。そしてそこにちょうどnaoko☆sanとお子さんが通りかかり、久しぶりだったのでついレストランから飛び出して行きました。でも運悪く、お肉を口に放り込んだところだったので、失礼ながらお肉を口に入れたままおしゃべりをしてしまいました;;そこのお肉がなかなか噛み切れなくて、naoko☆san達と別れた後も、しばらく口の中から消えてはくれませんでした;しぶとかった。

今日は授業の後、クラスのみんなとbarに行き、その後、道を歩いていると、スペイン語学校の友達に会いました。そこで立ち話を話していると、yayoi☆san夫妻が通りかかり、みんなでおしゃべりをしました。プレゼンも楽しかったし、いろんな人と会えたし、ほんと、今日は充実した一日だったなぁ。

banner_04.gif←ブログランキングに一日一ポチよろしくお願いします☆

すっかり忘れてました。そう、2月3日は節分でしたね^^
去年は日本にいたので、節分の豆まきをしたんですが、これがかなり楽しかったんです☆

201002031944000.jpg毎年、うちの父親が鬼になり(甥っ子には内緒ですが^^)、玄関から入って来ます。何気なく家族団らんから抜け出し、着替え、左の写真のような格好で^^戻って来ます。

去年、甥っ子(5歳)は大慌て&大泣きで、豆を投げることさえできない状態でした^^;鬼が来る前は、キックやパンチをくり出しながら、来たらやっつけてやる!って意気込んでたんですけど。でもやっぱり、子供から見ると、父親の鬼姿は本物の鬼にしか見えないかも;確かに。これは泣くわ^^;

しかも去年は、父親が鬼になって入って来た後、もう一度父親の姿に戻り、そしてまた鬼に着替えて入って来る、という、鬼の来襲攻撃をしたので、安心した所でもう一度、という、手の込んだことをして甥っ子を驚かせました。この一年、悪いことはできなかったんじゃないかな?(って悪戯はたくさんしてるだろうけど^^)

私たちが幼い時も鬼役をしてくれていましたが、その時に比べると更にバージョンアップで、お面も父親の手作りです^^こういうことには労を惜しまず、いつも楽しんでやってます。今年の髪の毛は少々ギャルが入っているので、鬼ギャルとでも名づけましょうか。鬼のギャルか。怖い;;

今年は、甥っ子はなんとか豆を投げつけることができたみたいです。よかった、よかった^^今年一年みんな元気に過ごせますように☆

banner_04.gif←ブログランキングに一日一ポチよろしくお願いします☆

カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[09/08 CecyCrerlyMon]
[09/05 Burluplipix]
[08/05 prainiBaisk]
[08/04 ripaspeds]
[06/01 まじょり]
最新トラックバック
内容は関連していても、当方へのリンクのない記事からのトラックバックは削除することもありますので、よろしくお願いします。
プロフィール
HN:
guapa
性別:
女性
職業:
元教師 今は無職&主婦
趣味:
映画鑑賞
自己紹介:
2007年4月からスペインのグラナダに住み始めました。
みなさん、喫茶店teteria la orientalをよろしく☆
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
♥  素材提供:ふわふわ。り