忍者ブログ
夫が経営してる喫茶店の名前です。スペインのグラナダ、アルバイシンにあります。夫の母と叔母は『teteria』というものとその言葉自体を作り出した創始者です☆ ここでは、喫茶店やスペインでの暮らし等々、自由気ままに書いていこうと思っています♪
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日(11日)は日帰りで小旅行に行って来ました。

8a3ddf97.jpgまず、3時間半~4時間かけて、gibraltar(ジブラルタル)へ。ジブラルタル海峡がある所です。でも、ジブラルタルの歴史など頭からすっかり抜けていて、パスポートを持って行くのを忘れてしまいました。そうです。スペインと陸続きですが、そこはイギリス海外領地なのです;まるでイギリスのようだ、というのを聞いて、ますます行きたい!という気持ちが高まりましたが、夫がパスポートのことを思い出したのは、出発して1時間半ほど経った時でした。なので、戻ることもできず、一応国境へ行き、住民カードを見せて入国を試みてみましたが、夫はEUの国民なので当然問題ありませんが、私はやっぱり駄目でした。わかってはいたけれど…残念。また機会があればぜひ行きたいと思っています。写真は、西岸から見たジブラルタルで、ジブラルタル岩(ザ・ロック)と呼ばれるこの岩が特徴的です。

91ccac06.jpg45721c94.jpgそして、そこからちょっと行った所にあるtarifa(タリファ)へと向かいました。ここは、モロッコへの船が出ている港がある所で、アフリカ大陸・モロッコも海越しに見えました。風がすごく強いことでも有名です。今回は、夫が以前行った時ほどの強さではなかったみたいですが、それでも吹き飛ばされそうになりました;そして、道を挟んで、左が地中海、右が大西洋、という所を歩きましb1af90e1.jpgた。強風による水しぶきが激しく、そこを歩くだけで濡れてしまいました;その時は風が地中海の方から吹いていたので、地中海の海は荒れていて、大西洋は穏やかでした。対照的でとてもおもしろかったです。左側にある写真3枚についてですが、上段左側の写真の奥側に見えるのは、モロッコのtanger行きの船です。そして、上段右側の奥側に見えるのは、モロッコです。下段の写真は、tarifa(タリファ)の位置を指し示しています。


15d82fdc.jpgそれから、marbella(マルベジャ)という所に行きました。お金持ちがたくさん住んでいる所で、有名人の豪邸もあるようです。ビバリーヒルズのような所だと言ってました。中心部へ出て、少し歩きましたが、驚いたのは、たくさんのヨットが止められている海沿いにあった店です。普通、私の経験上、海沿いの店というと、海関係のものや、レストラン類、カジュアルなものを売っている店などですが、そこには、グッチ、フェラガモ、アルマーニ、ルイヴィトン等の超高級店が並んでいました。それだけでも、ここは違うぞ、というのを感じることができました。

同じアンダルシアでも、違うんだなぁということを実感した旅行でもありました。
PR
688364b9.jpg先月、テテリアで出会ったノルウェー在住の友達と一緒に行ったコルドバの様子を、遅れてしまいましたが、お伝えしたいと思います。
コルドバへはバスで2時間から2時間半ほど。あっという間に着いた気がします。
その旅行は、グラナダに来て初めての旅行で(義妹の引越し手伝いを除いて)、私にとって、とても思い出深いものとなりました。
コルドバへは、夕方くらいに着いて、そこからコルドバで有名なモスクへ行きました。今はキリスト教の礼拝堂として使われているようです。写真がそのモスクです。とてもきれいでした。

それから、夜になったので、ホテルの受付においてあった、ギターフェスティバルのチラシを頼りに、コンサート会場へ向かいました。最初にジャズを聞いて(名前は忘れてしまいましたが、この人も有名な人みたいです)、その後、ロックの野外コンサートに移動しました。チャック・ベリーという、知る人ぞ知る有名人のコンサートだったのですが、私たちは全くその辺りの知識がないので、どれくらい有名かも知らず、あーこの曲聴いたことある、とのん気に楽しんでいました。バリバリのロックンロールで、みんなノリノリで踊ってました。とても陽気でかっこいいおじいちゃんでした。

一晩泊まって、パティオ(中庭)のきれいな古い洋館へ行って、1時間ほど説明を聞きながら中を案内してもらいました。そこに行く途中、大雨が降ってきて、久しぶりに稲妻を見ました。こわかった。雷は大の苦手です;

そして、友達とお別れ。友達は、そのままマドリッドへと向かい、次の日にノルウェーへ帰っていきました。
一緒に旅ができて本当に楽しかったです☆やっぱ旅はいいなぁ。

banner_04.gif←ブログランキングに一日一ポチよろしくお願いします☆
6a0d6721.jpg今日は友達が帰る日。最終日は、マラガに二人旅をしてきました。
まずgibralfaroという城跡を見に行き、そこからの海の眺めにびっくり。本当に素晴らしい眺めでした☆

そしてそんな素晴らしい眺めをバックに、二人の写真が撮りたくなったので、そこに同じく観光で来られていた日本人カップルの方(バルセロナ在住の方です)に、「写真を撮って下さいませんか」、と声をかけてみると、なんと少し前までグラナダに滞在されていた、ということがわかり、おっ、それなら^^と、テテリアの話をしてみました。それから、テテリアの位置を地図で指し示す為にガイドブックをお借りすると、『地球の歩き方』だったので、夫の義父のレストラン(『地球の歩き方』に載っています)を目印にして、「この向かい側です」、と説明しました。すると、「あ、このレストランに行く道で迷った時、その近くの店にいた日本語を話すスペイン人に案内してもらいました」、と。ん?待てよ、その辺りで日本語を話すスペイン人?と、よくよく話を聞いてみると、思った通り、うちの夫でした。数日前にグラナダで夫に会い、その後、マラガで私に。こんな偶然ってあるんだー、と、かなり驚きました。これも何かの縁だと思います。これからもよろしくお願いします^^

そしてその後は、海を眺めながらのお昼ご飯。ビーチにあるレストランで、新鮮な海の幸をいただきました。魚の塩焼き、揚げ物、あさりのワイン蒸し、海老のピリ辛ソース、サラダなどなど。とてもおいしかったです。

時間を忘れてゆっくり食べていると、私がグラナダに帰る時間が近づいていたので、最後、ピカソ美術館に行って帰りました。マラガはピカソが生まれた町。残念ながら、ピカソの生家には行くことができませんでしたが、155点ほどのピカソの作品をじっくり見て帰りました。芸術は、難しい…。けど、頭では理解できなくとも、なんとなく惹かれてしまった作品が何点かあって、けっこう楽しむことができました。

そして、友達との別れ。この4日間、8年ぶりに会ったこともあってか、その時間を埋めるかのように、思い出話やら、それまで別々に歩んできた中で起こった出来事など、一生懸命話していたように思います。お互いに8年間、それぞれに苦しいこと楽しいこと新しいこと、いろいろな経験をして感じたことや考えたことがあり、8年前と同じ雰囲気なんだけど、でもその経験の分だけ、いい意味で、どこか自分の中で違った部分を持つことになったような気がします。今回の再会では、その経験によって得た部分を、お互いに知り合う、ということが、一番の楽しみだったように思います。また来てね。待ってます^^

P.S. この小旅行で撮った写真は、また後日アップさせていただきます☆

banner_04.gif←ブログランキングに一日一ポチよろしくお願いします☆


b038e788.jpg今日は久しぶりに夫の家族と車でちょっと遠出をしました。と言っても、グラナダの中ですが。guadixというところに行ってきました。

そこで、洞窟住居や、天然温泉、そして丘の上に立つ古いお城を見てきました。

洞窟住居は、大きい岩に、入り口やら窓やら煙突やらがついていて、その岩の中で生活している、というものです。グラナダ市内のサクロモンテと呼ばれるところにも洞窟住居はありますが、規模が違いました。岩も大きく、至る所にあり、普通に町と一体化してました。写真ではわかりにくいかもしれませんが、白い部分は全部、入り口、または窓です。それが大きい岩に張り付けられているような感じです。よく見ると、端の方は、岩と一体化しています。中はどこまで続いてるんだろう、そんなことを想像するだけでも楽しくなります。そういう住居で暮らしている人たちがいることを知って、びっくりした反面、うらやましく思いました。私もそんな家で暮らしてみたい!ちなみに、洞窟ホテルがあるようです。自分の家を、とまではいかなくても、ホテルで一泊、くらいはしてみたいなと思います。

また、天然温泉については、実際に入ることはなかったので、中を見ることはできませんでしたが、地球から湧き出ている正真正銘の温泉だということでした。しかし説明によると、温度は44度くらいで、蛇口からではなく、直に地面から湧き出ている温泉に入るということで、事前に医師の検査が必要だそうです。ネット(wikipedia)で調べると、日本とは違い、ヨーロッパでは温泉は医療行為の一環として位置づけられている、ということでした。また、日本と違う、というと、水着。一度、こちらで、アロマやマッサージを兼ねたお風呂に行った時、案の定、水着を忘れてしまいました。もちろん、水着を着て入る、ということは知っていたのですが、どうも「お風呂」と聞くと、「素っ裸」、というイメージが出来上がっていて、ついつい忘れてしまう、ようです。気をつけなければ。

そして最後に、丘の上のお城を見に行きました。
一見、砂の城、のような感じですが、れっきとしたお城です。16世紀からあるそうです。名前は、「El castillo de la Calahorra」です。写真はこちらにあります。
www.cuevasabuelojose.com/Esp/Entorno/Castillo_Calahorra.html

その近くには、1世紀からあるという噴水(というよりかは、ただ水が出る場所)がありました。1世紀から!さすがに水は枯れていました。(って、一世紀からあるから、というわけではないと思いますが^^;単に水不足の為だと思います。)

という感じで、普段の活動場所はグラナダ市内だけ、ですが、今日は、ちょっぴり遠くへ行くことができ、大満足のguapaでした。

banner_04.gif←ブログランキングに一日一ポチよろしくお願いします☆
HOME
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[09/08 CecyCrerlyMon]
[09/05 Burluplipix]
[08/05 prainiBaisk]
[08/04 ripaspeds]
[06/01 まじょり]
最新トラックバック
内容は関連していても、当方へのリンクのない記事からのトラックバックは削除することもありますので、よろしくお願いします。
プロフィール
HN:
guapa
性別:
女性
職業:
元教師 今は無職&主婦
趣味:
映画鑑賞
自己紹介:
2007年4月からスペインのグラナダに住み始めました。
みなさん、喫茶店teteria la orientalをよろしく☆
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
♥  素材提供:ふわふわ。り