忍者ブログ
夫が経営してる喫茶店の名前です。スペインのグラナダ、アルバイシンにあります。夫の母と叔母は『teteria』というものとその言葉自体を作り出した創始者です☆ ここでは、喫茶店やスペインでの暮らし等々、自由気ままに書いていこうと思っています♪
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

e297fcc8.jpg4ed5d08d.jpgキティは相変わらず私達と行動を共にしているので^^;(今も私の横で寝ています)、先日、庭の整理をしている間中、そばで日向ぼっこをしたり、石を近くの山に取りに行くと一緒についてたり、と楽しそうに過ごしていました。芝生の上でも駆け回り、ボールを追いかけてこけそうになったり(右側の写真)かわいい姿を見せてくれました^^また天気がいい日に一緒に遊んであげようと思います☆

banner_04.gif←ブログランキングに一日一ポチよろしくお願いします☆

PR
大学から帰る時にはいつも辺りは暗くなっています。なので途中まで夫が迎えに来てくれます。最近はバイクが故障した為、バス停まで歩きで迎えに来てくれてました。

でも下まで降りてきてもらうのは大変なので、いつも一人で途中まで歩き、中間地点で出会うようにしています。その坂の下を一人で歩いていると、よく、犬の散歩をしている人を見かけます。散歩している犬の中には、紐をつけてる犬、つけてない犬、様々ですが、いつも飼い主にくっついて、嬉しそうに散歩しています。私も、幼い頃は犬を飼っていたので、よく散歩をさせていました。その頃を懐かしく思い出しながら歩いていると、前方に夫の姿が見えました。

そしてその後ろをチョコチョコとついてくる影に気づき、あれ?犬?と思いながらよく見ると、なんと、キティでした^^;まるで犬かのように、飼い主の周りについて歩いて来ていました。はぐれてどこかに行くことなく、ピッタリついてきてました。私と合流すると、私の方へ走り寄って来て、来た道を一緒に帰り始めました。私が走ると、走ってついてきます。一瞬立ち止まることがあったけど、名前を呼べばすぐに私のところへ駆け寄ってきました。それまで、ボールを投げれば取って来てカゴの中に入れるし、呼べばどこにいても来るし、どこに行ってもついてくるし、トイレや部屋に入ればそのドアの前で座って待ってるし、犬じゃないか?と疑ったことが何回もありましたが、今回のことで確信しました。犬です。間違いない^^

結局、家までピッタリ一緒に帰って来ました。家を出てから帰るまで、飼い主と一緒に散歩。紐なしで飼い主と一緒に散歩している猫を見たのは初めてかも^^笑いが止まりませんでした。本当に不思議な光景でした。おかしな猫です。いや、犬か。

banner_04.gif←ブログランキングに一日一ポチよろしくお願いします☆

キティは、この家に引っ越してきて交友関係が広がったみたいで、たくさんの猫が家を訪れます。。。友好的なものから、敵対的なものまで、その関係は様々です。

引っ越してきた当初、私たちが引っ越してくる前から私達の庭をテリトリーにしていた大きな猫(シャム系だと思いますが)と喧嘩をしました。それまで聞いたことのなかった大きな声を出して、お互いを威嚇し、最終的にそのシャムが逃げて行きました。キティの勝利☆それまで、ドジ、臆病者、といろいろなレッテルを貼って来ましたが、その時は見直しました。しかし、なかなかやるな、とみんなで話していたのもつかの間;その数日後、シャムと喧嘩をした後、スローモーションのように抜き足差し足逃げていくキティの姿を目撃しました…。音を立てないように、気づかれないように、ゆっくり逃げて行きました。それ以来、キティが勝った姿を見たことがありません;

7f4005db.jpgキティが姿をちょくちょく消すようになって、キティの食べ物を求めて、その野良猫シャムと、隣の家のメス猫(左の写真)が交互に家に来るようになりました。カリカリと音がするな、と外を覗いてみると、どちらかがキティのキャットフードを食べている、ということが頻繁に起こるようになりました。私が見ると、食べるのを止めて逃げて行くので、気づいたら見るようにしていましたが、野良猫もおなかをすかしているはず、と、取られてもかまわないようにキャットフードは外に出したままにしていました。キティがいつ帰ってきてもいいように、という意味もありました。その時はちょうど、キティはいずこに?という日々が続いている時でした。

6db81541.jpgそしてある日、夜中10時頃、夫のバイクの後ろに乗って家に帰っていると、家の近くの山(左の写真。これは昼間に撮ったものですが。)の中腹より少し上辺りに、月明かりの中、白い物体が見えました。暗いし、バイクに乗っていたし、少し遠くてわかりにくかったのですが、両目2.0の視力で^^猫がこっちを向いて座っているような姿がなんとなく見えました。夫に、キティがいる!というと、そんなわけはない、と言われ、そのまま山の側を通り過ぎて家に帰りました。

次の日、同じ時刻に同じ状況でその山の側を通り過ぎると、またまた同じ場所に同じような物体を見つけました。実は、その山にはけっこうゴミが捨てられていて、所々に白いナイロン袋が散乱していました。同じ場所に同じ物がある、ということで、昨日見たのもナイロン袋だったんだ、と思い、見間違えだったんだと、ちょっとがっかりしていました。するとその瞬間、その白い物体がのっそりと動き始めました!やっぱりキティだった、と思い、キティ!!と叫び、バイクから飛び降りました。そして、名前を呼ぶと、その白い物体は、ニャーニャーと言いながらこっちの方へすごい速さで山を駆け下りて来ました。キティに久しぶりに会えて嬉しくて、また、あんな山の上にいたということに興奮して、家までキティと一緒に走って帰りました。キティも私の横に並んで家まで走って行きました。まるで犬のように;;

その後、夫と、この辺りの野良猫との接触を避ける為に山の上に避難してたんじゃないか、と話していました。自分の庭も、他の猫のテリトリーになってるような状態だし^^;

実はそれよりちょっと前に、3匹の野良猫がグルになって、キティのご飯を狙う、ということがありました。最初にブチ猫が特攻隊長のように、先陣を切って庭に入ります。庭の入り口には、キティに似た白い猫が見張っているような感じで待機していました。そしてドンであるシャムは、隣の庭からその様子を見ていました。安全を確認させてから、合図があり次第自分も中に入るのを待っているかのように。

私がベランダから見ているのがわかると、ブチはとりあえず入り口まで戻り、こちらの様子を伺っていました。私が少しの間だけ家の中に入ると、その間を狙って、ブチは庭の中に入りましたが、また私がいるのがわかると、入り口のところまで戻り、そこでずっと待っていました。

それ以来、家の中にご飯を置くようになりました^^;それまでは、周りを警戒して、ご飯も安心して食べることができなかったキティも、今は安心して食べています。腹が減っては戦はできぬ、ということで、テリトリーを守る為に喧嘩をする為にも、とりあえず食べることが必要です^^頑張って、男を見せろ、キティ。

こぼれ話:
64d7b63f.jpg山にいるのがキティがとわかった次の日、山の上にまたまた、白い物体を見つけました(左の写真。中腹上あたりに白い物が見えると思います)。またキティがいる!と思い、キティ、キティ、ニャーニャーと猫まねをしながら呼んでいましたが、一向に動く気配がありません。でも少し動いているように見えたので、キティだと信じて疑わず、更に呼んでいました。でも、ニャーとも言わないし、こちらへ来る様子でもありません。キティなら呼べばすぐに来るので、その時に、薄々気づいていた、そして気づきたくなかった事実、ナイロン袋だ、ということに気づきました。動いているように見えたのも、風でナイロン袋がゆらゆら動いていただけだったようです。通り過ぎる人は私のことを、おかしい人だと思っていたに違いありません^^;恥ずかしい;;

banner_04.gif←ブログランキングに一日一ポチよろしくお願いします☆


愛猫キティの話です。引越しをしてから、心配することが多くなりました。ふぅ~~~。(←かなり大きいため息)

まず、引越しをした初日のことです。その夜いきなり、姿を消してしまいました。まだ家に戻る道さえわかっていない内に…。最初の頃は外に出さないでおこうと柵をしたりしましたが、塀を平気で飛び越えて出て行ってしまいました。それから2日間、戻って来ませんでした。いなくなることは猫にはよくあることみたいですが、猫初心者の私たちにとっては、引越しした日にいなくなった、1日経っても戻って来ない、ということがショックで、探して回りました^^;キティは道に迷いやすくて(前のアパートの中で何度も迷って鳴いてました)、よく落ちるので(テーブルの上から落ちたり、洗濯機の中に落ちたこともありました。)、かなり心配してしまいました。でも2日目の朝、戻って来ました。その時はすごくほっとしました。ほんと、嬉しかったです。

でもそれから数日後、またいなくなりました…;今度は帰り道がわかっているはずなので、戻ってくるだろう、と前よりはリラックスして帰りを待っていました。するとすぐ帰って来ました。安心したのもつかの間。その後、またまた姿を消しました;;そしてその2日後、なんと、怪我をして帰って来ました。肉球のところが割れて、両前足からけっこう血が出てました。

9cb12380.jpgこれは大変だ、と、休日でしたがすぐに病院へ連れて行きました。病院でのキティは、ストレスで毛がたくさん抜けて、かわいそうでした。でも、治療は必要だったので、逃げようとするキティを押さえながら、キティも私達も頑張りました。暴れたけど、最終的に先生の手を噛むこともなく、ひっかくこともなく、そして先生が鼻すじの辺りを触るとおとなしくなったりして、とてもいい子でした。感心しました。それにしても、痛そうだった;;毛が邪魔なので、まず、電子毛剃りで怪我をしている辺りを剃るんですが、傷口に当たるから、その度に体をよじらせながらニャーニャー叫んでました。また、傷口が開かないように、人間0cdc7dd7.jpgだったら縫うところを、猫の場合は、ホッチキスのようなもので(ホッチキスなのかもしれないけど)でバチっととめるだけ、みたいで、それもとても痛そうでした。最後に注射を打って、終わりです。痛さと怖さで叫んでいるところを見ると、かわいそうでかわいそうで涙が出そうになるのを堪えていました。頑張ったなぁキティ。

先生によると、傷の位置や具合から、どこかから落ちたんだろう、ということでした。猫らしくない;;ほんと、ドジです;

そしてその次の日は、おとなしくしていたキティ。しかし、その後すぐに懲りずにまたどこかへ出かけて行きました。そしてその時は、今までで最長の4日間、戻って来ませんでした。昨日やっと帰って来ましたが、傷が…;傷口は開いていないようでしたが、治っているようにも見えませんでした。薬を毎日塗らないといけなかったのに;もう。

2a390cb5.jpgそして今は隣でスヤスヤ眠っています。またいつ出かけることやら。一度、追跡してみたいなぁと夫と話していました。GPSとか、カメラをつけたりとかして、って、そこまではやらないけど、でもどんな世界を見ているのか、興味がある^^ちなみに、飼い猫だということがわかるように、首輪をつけることにしました。もちろん、かわいそうなので、鈴はついてないです。本当はチップを体に入れるように決められているようですが、それはやってません;いなくなっても、心ある人が獣医さんやどこかの機関に連れて行ってくれた場合、飼い主がすぐにわかるという仕組みになっているようですが。ん~、どうしよう。

こっちの家に来てから一段と私達にくっついてくるようになりました。常に体をすり寄せている状態です。二階に行けば二階に、一階に降りれば一緒におりて(歩いている横にぴったりついてくるので、こけそうになって危ないんですが;)、キッチンに行けばキッチンに、行く部屋行く部屋についてきます。そして私たちが出かけたり、夜寝た後、一人(じゃないか、一匹)になると、どこかへ出かけてしまいます。出かけてもいいけど、怪我せずに元気に帰ってきてね。

banner_04.gif←ブログランキングに一日一ポチよろしくお願いします☆
今朝起きると、キティの様子がおかしいのに気づき、とても心配になりました。

いつもなら、ニャーニャーと言いながら、どこに行くにも後をついてくるし、別の場所にいたとしても、呼べばすぐやってくるし、なかなか私達から離れようとしないし。また、ボールを投げると、全速力で追いかけ、口に加えて帰って来ます。

でも今朝は、机やベッドの下に隠れて、呼んでも出てこないし、話しかければ必ず応えてくるのに、口を閉じたまま、一声も発しようとしません。ボールを投げても、全く興味を示さない。なんだ?病気かな?夜の間に何かがあったのかな?といろいろ考えてみましたが、なぜだかわからない...。私は、夜中に大きな声を聞いたので(たぶん近所の人の声だと思いますが)もしかしたらあれはキティの声だったかも、と思い、夜中に何かショックな物を見て、声が出なくなったのでは、もしくは何かにとりつかれたのでは、と馬鹿なことを思っていました。夫は、夜中に本物のキティと偽物のキティが入れ替わったんだ、とさらにおかしいことを考えていました。

e0b6e79b.jpgすると、ベランダに大きな影が!それを見て、一目散に逃げて行くキティ。原因がわかりました!

そうです。上の階の人が引越しをしていて、トラックの荷物をベランダから入れているところでした。写真は、少し見にくいかもしれませんが、荷物をクレーンで引き上げている所です。これがキティには相当怖かったらしく、モンスターに見えたのでしょうか、お尻も尻尾も下げて、見つからないように、と必死で物陰に隠れていました。

引越しが終わり、クレーンが撤去されると、少しずつ「ニャー」と、か細い声を出し始め、後をついてくるようにもなり、ボールにも少し興味を示し始め、次第に元気を取り戻して行きました。そして、普段のいたずら好きで甘えん坊なキティへと戻りました。

しかし、かなりの臆病者&小心者だということが判明。普段は、いたずらをしたり、攻撃してきたり、強そうに振舞いますが、実際は…;;この瞬間から、夫と二人で、un cobarde(臆病者)、と呼ぶことにしました。ボールをかなりのスピードで追いかけていても、¿Eres muy fuerte contra una pelota pequeña, no?「小さいボールに対してはすごく強いんだね?」とからかってみたりして。意地悪な私達です^^;でも元の元気なキティに戻ってよかった☆

banner_04.gif←ブログランキングに一日一ポチよろしくお願いします☆
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[09/08 CecyCrerlyMon]
[09/05 Burluplipix]
[08/05 prainiBaisk]
[08/04 ripaspeds]
[06/01 まじょり]
最新トラックバック
内容は関連していても、当方へのリンクのない記事からのトラックバックは削除することもありますので、よろしくお願いします。
プロフィール
HN:
guapa
性別:
女性
職業:
元教師 今は無職&主婦
趣味:
映画鑑賞
自己紹介:
2007年4月からスペインのグラナダに住み始めました。
みなさん、喫茶店teteria la orientalをよろしく☆
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
♥  素材提供:ふわふわ。り