忍者ブログ
夫が経営してる喫茶店の名前です。スペインのグラナダ、アルバイシンにあります。夫の母と叔母は『teteria』というものとその言葉自体を作り出した創始者です☆ ここでは、喫茶店やスペインでの暮らし等々、自由気ままに書いていこうと思っています♪
[545] [544] [543] [542] [541] [540] [539] [538] [537] [535] [534]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

b6627a38.jpgここはアルバイシンの上にある、義叔母さんのテテリアです。Teteria Andalusí(テテリア アンダルシ)と言います。

前に説明した通り、アルバイシンの下のテテリア街にある一号店は、義叔母と義母が作ったもので、テテリアというコンセプトやテテリアという名前自体を作り出した本人です。なのでこの二人がテテリア創始者です。そしてその後、義母は、同じテテリア街の一角に義母のみのテテリアを作り(それが我がテテリア ラ オリエンタルです)、義叔母は、アルバイシンの上にこのテテリアを作りました。一号店に関してはまた今度紹介させていただきます。

最近、他のテテリアが、テテリアを創り出したのは私達だ、とか、別のテテリアの名前を挙げて、あそこのテテリアが一号店だ、とか、いろいろ言っているようで(実際、私と義妹が入った薬屋さんで、テテリア関係者の人が知ったようなことを話しているのを聞きました。義妹が指摘すると、しどろもどろし始めて、言うことが二転三転しましたが、でもやっぱりその人の考えを通して、別のテテリアが一号店だと言っていました^^;)、間違った考えも広がっているようですが、正真正銘、義叔母と義母が創始者です。

義叔母は、その当時から、自分でブレンドしたお茶を売って、いまやいろいろな場所でそのお茶を見かけることができますが、叔母が作って売っているお茶、ではないものもたくさんあります。残念ながら、真似をして勝手に売っている所がほとんどです;アンダルシアやグラナダにちなんだ名前がついていれば、それは義叔母のお茶かそれを真似た物だと言えます。叔母のお茶は、テテリア街のCalderería nueva通りの中間当たりの、アルバイシンを上に見て左側にある小さい小さい店で買えます。

義叔母はお人よしなので、このテテリアでよく、ちょっと知り合った人にまでクスクスなどの料理を無料で振る舞います。本当にお金も食べる物もなくて困っている人、なら分かりますが、そうじゃないのに、毎日のようにやってくる人や、家族や友達などを連れてくる人、義叔母さんがいなくても普通に来てご飯を食べて帰る人がたくさんいます。義叔母さんに余裕があればいいと思いますが、余裕があるとは言えない状態なので、ちょっと家族一同心配しています。でもたぶんそのスタイルは変わらないかな^^

少々気まぐれで、神出鬼没なところもありますが、その人柄はみんなに好かれています^^そんな義叔母さんはイスラム教徒として、上に書いたように、人に自分の物を分け与えることを喜びとしています。義叔母のことは心配ですが、その行為自体は素晴らしいことだと思います。

イスラム教徒というと、身構えてしまう人や一瞬頭がストップしてしまう人が多いかもしれません。日本では、メディアなどの為に、また一部のテロ組織や、アラブの国々で定着してしまっている「イスラム教だと言ってるけど正確にはそうじゃないイスラム『文化』」を通して、悪いイメージや間違ったイメージが定着していると言えると思います。例えば、男女平等を唱えているのに、実際男尊女卑のように扱われていたり。でも実際、本来の教えは、理論にかなった、日本の道徳に近いもので、そんな教えを元に、自分自身を見つめながら、神様の為に、人の為に、いいことをしようと日々努力しているだけです。ただその視点から見ることができる人はあまりいなくて、残念ながら、イスラム教とイスラム文化をごっちゃにして判断している人、狭い見方から、また、間違った情報から偏見や嫌悪感を持っている人、ただ単に理解したくない、しようとしない人、そしてイスラムの中でも、都合のいい解釈をしている人、勉強不足や政治的な意図の為コーランを間違って翻訳している人、極端な考え方をしている人、文化の中に浸かってしまってそれがイスラムだと思って気づかない人、気づく術がない人など、たくさんいます。日本語で書かれたサイトや本なども、ん?と思う部分があったりします。現状としては、歴史上や文化上、様々な人たちの思惑によって、また、解釈の違いによって、歪められてきた事実があるので、それをそのまま見た人が間違ったイメージを持つことは仕方なく、それを払拭するのは難しいかもしれませんが、それを取っ払って、広い視野で深く考えてみる必要があると思います。

イスラムつながりですが、近年、30年ほど前まで活躍をしていたけどその後音楽活動をやめていたCat Stevensというイギリスの歌手が復帰をしました。ジミーヘンドリックスやポールマッカトニー他有名な音楽家達とも一緒にレコーディングやライブもしていました。イスラム教徒になった後、音楽を続けることには問題がなかったけど、その時は一時音楽をやめて、学校を設立したり、アフリカや戦争孤児などの支援などに力を注ぎました。そういう道を辿ってきて、約30年後に再び、音楽の道へと戻って来ました。ファンにとっては彼の声が聞けなくなったことは残念なことだったかもしれませんが、それがその人の道、だったようです。30年ぶりに歌ったその歌は、私にとってはとても透き通った声で、その人が送ってきた人生を思うと感動しました。

と、義叔母の話からイスラムの方へと話がずれてしまいましたが、義叔母のテテリア、もし近くへ行く機会があったら寄ってみてください☆夏だと、té nazaríのアイスティーがお勧めです。ちなみに、我がテテリア ラ オリエンタルにも置いてます♪

banner_04.gif←ブログランキングに一日一ポチよろしくお願いします☆
PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
宗教のことになると結論って出ないんですよね。
ただ、イスラムのなかでも過激派といわれる人たちのテロなんかを見て皆一緒だと思うのは悲しいことだと思います。まずは知ること、無知でいるのは悲しいことだし罪だと思います。

ところで、テテリアに関して、グラナダに来た当初はどこそこが最初だって私も聞きました。でも、そうなんですね。 ちなみに、あのトルティージャ デ サクロモンテは義父の叔母エンカルニータさんが考え出したそうです。今はもうないけれどサクロモンテにあったメレンデロ ラ モスカというお店で提供していたそうです。
maerilla 2009/09/06(Sun)10:11:38 edit
maerilla☆san
ごめんなさい。なかなか時間がとれなくて、ブログ更新ができてなかったです;;

宗教って言うだけで構えてしまう人もいたりするから、日本は本当に宗教に対するイメージがよくないですよね。お金を巻き上げる新興宗教やカルト的なものが宗教っていうイメージになってるところもあるからかなぁ。でもキリスト教だけはなぜか、かっこいいというイメージがあるみたいだけど;何か知らないけど、十字架が出てくるドラマをよく見かけるなぁ;あとハリウッド映画も政治的、宗教的な意識操作にかなり使われてるから、そういう点で見たらまた違った面白さがあるよ。でも無意識に見たら、与えられる通りのイメージが頭に焼き付いて、かっこいいっていう憧れや、かわいそうっていう同情で終わってしまうんだろうなぁ。大国の影響力の強さを感じる今日この頃;

あ、日本の教会式結婚式の話をしたら、全員と言っていいほど、外国人は驚くよね。キリスト教徒じゃない人も教会で結婚式?しかも、偽教会で偽牧師さんの前で誓い?と、かーんなり驚きます;確かに、摩訶不思議な光景でしょうね;

maerilla☆sanが言うように、無知であることは悲しいことだし罪だと思います。知る機会があっても知ろうとしない人がいるけど、それは自分の世界を狭くしてることになるから、本当に悲しいことですよね。例え、留学してきた、世界を見てきた、という人がいても、考えが狭い人ってけっこういると思います。体験があっても、それまでの自分の価値観だけでしか物事を考えれない人だと、自分の世界から抜け出せずに、開けた考え方が持てないんだろうな。

テテリアは、夫の義叔母と義母のテテリアが一号店で、義叔母のブレンドしたお茶がきっかけでした。でもそれから次々と真似されちゃって、今やテテリア街だけではなくスペインの各地にあります。しかも、テテリアという名前を使って日本で活動している人までいるみたいで。広がりました;アリカンテの近くにある、スペイン一(いや世界一かも)大きいテテリアがあるんですが、そこのオーナーは、義叔母にアドバイスを受けて作ったようで、ちゃんと義叔母のお茶も買ってくれてます。本当に大きいし、かなり素敵な場所なので、そこは必見ですよ。でも、何もないところにポツンとあるので、見つけるのはけっこう難しいかも。砂漠の中のオアシス探しという感覚に似てるかも^^砂漠と言えば、義叔母の家族ということで、オーナーの家の中も紹介してもらいましたが、ラクダや砂漠の家などもあって、本当にここどこ?という不思議な感覚を覚えました。

あと、恥ずかしながら;トルティージャ デ サクロモンテの存在を知りませんでした。また、みんな知ってて、私だけ知らない、というパターンだと思いますが;maerilla☆sanのおかげで知ることができてよかった☆maerilla☆sanのお義父さんの叔母さんが作ったものなんですね。創始者つながりだ☆すごい!あ、前にチラッと聞いたことがあるけど、義母の再婚相手が、ミント入りレモネードを最初に考案したみたいです。みんな、すごいなぁ。私も何かの創始者になりたいな☆★

って、ブログもしばらく書いてなかったので、ブログのように長いコメントの返信になってしまいました;読みづらいかも;ごめんなさい;
【2009/09/12 07:33】
無題
実はうちにもキャット・スティーヴンスのCDとかあって、
夫に、彼が改宗して音楽活動を休止している、、、という話を随分と前に聞き、何となく残念に思っていました。
彼の音楽って個性的ですよね。
復活したんですね! 何となく嬉しく思いました♪
まゆみ URL 2009/09/24(Thu)05:00:05 edit
まゆみ☆san
そうなんだー^^CD持ってるんだ☆そう独特な感じですよね。昔はかなり人気があったみたいだけど、休止してしまって。でも、復活した時の歌声を聞いたら、逆にそれがよかったのかも、と思えました。深みが出た、というか。やっぱり歌い手さん(古い?^^;)の人間性も歌ににじみ出てくるから、それまでどういう人生を送ってきたか、今どういう人生を送っているか、っていうのは大切ですね。
【2009/09/25 17:54】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[09/08 CecyCrerlyMon]
[09/05 Burluplipix]
[08/05 prainiBaisk]
[08/04 ripaspeds]
[06/01 まじょり]
最新トラックバック
内容は関連していても、当方へのリンクのない記事からのトラックバックは削除することもありますので、よろしくお願いします。
プロフィール
HN:
guapa
性別:
女性
職業:
元教師 今は無職&主婦
趣味:
映画鑑賞
自己紹介:
2007年4月からスペインのグラナダに住み始めました。
みなさん、喫茶店teteria la orientalをよろしく☆
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
♥  素材提供:ふわふわ。り